2016年08月31日

No832 京王線に2画面ディスプレー登場


832-1 ドア上モニター2画面化 高幡不動 28.8.30.jpg
   ▽ ドア上の情報モニターが2画面化された9042F
                        高幡不動 28.8.30 ▽

832-1 ドア上モニター2画面化  28.8.30.jpg
    ▽ 2画面化されたモニター  左が新設されたもの   9042号▽

ことし5月に公表された京王の「2016年度 鉄道事業設備投資計画」で、井の頭線1000系15両の追加と合わせ、京王線にとっては初めてとなる9000系70両に対するドア上液晶モニターの2画面化が明らかにされました。

そしてこのほどその先陣をきって、9042Fのドア上情報モニターが2画面化され、営業運転を開始しています。

832-4 ドア上モニター2画面化  28.8.30.jpg

新設されたモニターには、京王の企業広告コンテンツや一般広告、それにニュースや天気予報が放映されます。右のモニターには従来通り行先案内などの運行情報が表示されています。
2画面の運用方法は、井の頭線1000系の2画面ディスプレーに準じています。

832-5 ドア上モニター2画面化  28.8.30.jpg

モニター2画面化に合わせ、従来からの行先案内等の画面にも変化がありました。
従来は用意されていなかった、当該列車の運転区間の全駅表示画面が登場しています。JR中央線電車のモニター画面のようです。
行先案内表示画面は様々なバリエーションがあり、ファンにとっては新旧画面の比較が必要のようです。

遅延や他社線運転見合わせなどの運行情報をどのように表示するのかも気になります。従来どおり画面全体表示だけなのか、井の頭線1000系リニューアル1001Fのように、全ての画面下にも帯状に情報をスクロール表示する機能が付加されているのか、関心が高まります。

832-6 ドア上モニター2画面化 吊り輪広告  28.8.30.jpg

832-7 ドア上モニター2画面化 吊り輪広告  28.8.30.jpg

そして驚いたことに、吊り輪の柄の部分にも広告が登場しました。
さらに驚いたことに、形状・デザインは同一化しつつ、号車により色を変えるという、徹底したこだわりぶりです。
吊り輪柄部分の広告は、京王にとっては異例のことです。なんだか、京王伝統の車内の品位が薄らいでいくように感じるのは、私が年配ファンだからかもしれません。

832-8 ドア上モニター2画面化   28.8.30.jpg

この情報モニター2画面化は、今年度は9000系70両に対して行われるという事です。
すでに準備工事が行われており、ふだんはボール紙による広告で覆われている編成が対象になると思われます。
乗客の注目度が高い媒体のため、京王自身の提供コンテンツについても、今後独創性の高い内容の開発、登場を期待したいと思います。

posted by 特急高尾号 at 07:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

No831 5年前の京王電車J 平成23年7・8月


5年前の京王電車の世界を、当時の「京王線 井の頭線 応援歌」の記事からふり返えります。
今回は2011(平成23)年7月・8月分をまとめてお伝えします。

【平成23年7月】
<節電ダイヤスタート 高尾線にも早朝準特>
7月1日、東日本大震災の影響を受け、夏季「節電ダイヤ」がスタートしました。
京王もこれに合わせ "省エネダイヤ" に移行しましたが、目玉列車も登場しました。

266-1 早朝順特急 めじろ台 23.7.1.jpg ▽ 高尾線に初登場の「早朝準特」 7424F+9006F
       朝日を一杯に浴びて、めじろ台付近を走行(AM5:55) 23.7.1 ▽

ニューフェイスとして登場したのは
、高尾線の早朝準特急です。
震災後の通勤者流動が早朝にもシフトしたため、京王線に続いて高尾線にも登場したものです。
3月11日の京王線初登場時にはヘッドマークが取り付けられたため、今回もと期待したのですが、残念ながら取り付けは見られませんでした。

266-3 早朝準特増発のポスター 23.7.1.jpg
車内に掲出された「早朝準特」増発のポスターです。
わずか1本の増発ですが、車内吊り広告2枚分を使っての広告です。
「早朝準特」に賭ける京王の思いは熱いものがありました。

<節電ダイヤ 準特急高幡不動行き>
またこの「節電ダイヤ」では、「準特急高幡不動行き」が平日の日中、多数運転されました。
「準特急高幡不動行き」は、3月の東日本大震災直後の特別ダイヤで僅かながら運転がありましたが、今回は午前10時台から午後2時台にかけ、20分間隔での運転です。

271-7 準特急高幡不動行き 23.7.20.jpg    ▽ 7777号が先頭のレアな「準特急 高幡不動行き」
                        明大前 23.7.20 ▽

271-3 新宿駅の時刻表 23.7.12.jpg   ▽ 10時50分から14時30分まで
            20分間隔で「準特急高幡不動行き」が発車  新宿駅 ▽

この高幡不動行き準特急は、高幡不動から先は各停高尾山口行きに変身します。
もともとは高尾山口行き準特急の列車を、節電ダイヤで高幡不動以西は高尾山口行き各停とし、節電による同区間の各停列車削減の代替とされたものでした。

271-2 準特急高幡不動行きの案内表示 新宿 23.7.13.jpg
新宿駅3番ホームの列車案内表示です。
日中時間帯、準特急高幡不動行きの表示が並び、新鮮に見えたことを覚えています。

このほか、パターンダイヤに入った平日日中から夜間時間帯にかけては「各停 高幡不動行き」も登場。もともとの各停高尾山口行きを高幡不動でカット、高幡不動から先は節電ダイヤによる6両編成の別編成による各停高尾山口行きが運転されました。

<節電ダイヤ 各停が各停を追い抜くユニークダイヤ>

平日の北野駅上りホームで、なんと先に到着している上り新宿行き各停列車を、後続の高幡不動行き各停列車が同一ホームで追い抜くという、なんともユニークな運用も行われました。


277-1 北野駅上りホーム 23.7..jpg

  ▽ 各停が各停を追い抜く北野駅上り3・4番ホーム  23.7 
      先着している右の各停を、後着の左の各停が追い抜きます▽

これは
「節電ダイヤ」で、およそ12時から15時までの間は高幡不動より先、高尾山口までの各停列車を運休としているため、上りでは高尾山口発新宿行の準特急を運休の各停列車の代替として高幡不動まで各停で運転するために起きた“珍現象”によるものでした。(高幡不動より先は準特急新宿行となります)


実際にはまず、京王八王子発の各停新宿行きが4番線に到着し、次いで高尾線から高幡不動行きの各停が3番線に到着します。そして3番線の各停高幡不動行きが先に発車していくというものです。


各停高幡不動行きは、ふだんは準特急新宿行きですが、「節電ダイヤ」で各停となっても、接続だけは準特急と同様、後から到着し、先に発車するスタイルになっていました。

このユニーク接続ですが、「節電ダイヤ」期間の922日(木)までの“期間限定商品”でした。


【平成23年8月】

<井の頭線3000系 最後の夏>

276-1 3028F 富士見ヶ丘 23.8.6.jpg  ▽ 富士見ヶ丘車庫で休む最後の3000系
                      3028F(左の列車) 23.8.11 ▽

この時期、井の頭線の3000系は3028Fと3029Fの2編成が予備車として残り、1000系入場時のピンチヒッターとして平日朝ラッシュ時に限定運用されていました。
しかしそうした登板の機会も少なくなり、ついに3029Fが6月に運用を離脱、7月20日には“第2の職場”となる伊予鉄鉄道に旅立つ準備のため、永福町から搬出されていきました。そして3000系は、8月に入り3028Fの1編成、5両を残すのみとなってしまいました。

伊予鉄道に譲渡されることが決まっていた3028Fは、富士見ヶ丘で最後の夏を送っていたわけですが、いつ動くかも分からず、かつ動いても朝ラッシュ時1往復程度の運転で、撮影や乗車はなかなか難しいのが実情でした。

最後の3000系を巡って、京王電車ファンは様々な思いを巡らせた夏でした。


[ご参考:当時の関連記事]

 〇節電ダイヤスタート 高尾線に準特急 平成23年7月

 〇節電ダイヤ 準特急高幡不動行き   平成23年7月

 〇節電ダイヤ 各停が各停追い抜くユニークダイヤ 平成23年8月

 〇井の頭線3000系 最後の夏 平成23年8月


次回は、2011(平成23)年9月・10月分をまとめてお伝えします。

posted by 特急高尾号 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 5年前の京王電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

No830 調布花火臨時ダイヤ 臨時急行新線新宿まで 都車8連も


830-1 調布花火  京王多摩川 28.8.21.jpg
       ▽ 調布花火大会と7000系 京王多摩川駅 28.8.21 ▽

ことしも調布市花火大会が21日日曜日、沿線の多摩川沿いで開催されました。
京王は相模原線を中心にことしは準特急の臨時停車や、大会終了後に臨時列車を設定するなどの臨時ダイヤを実施しました。
このうち花火大会終了後に運転された臨時列車は近年では最小の4本になる一方、種別はこれまでの快速から急行に格上げ、運転区間もつつじヶ丘から新線新宿駅までに延長されるなど、ことしは例年と異なる内容となりました。

829-3 花火大会臨時時 吊り広告.jpg


主な内容は以下のとおりです。
【準特急の臨時停車(今回ダイヤから特急→準特急に変更)】

830-2 調布花火 準特急停車 京王多摩川 28.8.21.jpg
     ▽ 上下準特急が京王多摩川駅に臨時停車
      現行ダイヤ土休日は、昨年改正で特急から準特急に変更 ▽

花火大会最寄り駅の京王多摩川駅に、上り準特急が16時台から21時台にかけて16本、下り準特急が同様に18本停車。

【臨時列車】
花火大会終了後、20時台に京王稲田堤発桜上水行き上り急行1本運転
20時台〜21時台に京王稲田堤発新線新宿行き上り急行3本の合計4本が運転。

830-6 調布花火 臨時桜上水行き急行 京王稲田堤  28.8.212.jpg
    ▽ 1本目急行桜上水行きは、なんと都車8連10-250が登場 
                           始発駅の京王稲田堤 ▽

830-7 調布花火 臨時急行新線新宿行き 京王多摩川 28.8.212.jpg
   ▽ 2本目急行新線新宿行き以降は、京王車10連  
                      京王多摩川駅にも臨時停車 ▽

詳細は以下のとおりです。
829-1 花火大会臨時時刻.jpg
    ▽ 臨時列車時刻 京王ホームページ ニュースリリースから ▽

例年運転される相模原線下りの臨時列車は、ことしは運転されませんでした。

【臨時列車について】
臨時列車の運転本数の変遷を見ると、平成25年が上下計18本、平成26年が上下計8本、昨年が上下3本ずつ計6本、そしてことしは上りのみの設定で計4本となっており、近年は回を重ねるごとに運転本数が減少しています。
また運転種別・区間は、これまで上下とも快速が中心で、上りが京王稲田堤−つつじヶ丘、下りがつつじヶ丘−京王多摩センター・若葉台の設定が中心でしたが、今回は上りのみの運転となり、かつ種別は急行、行き先は新線新宿へと変化が見られました。

830-8 調布花火 臨時急行新線新宿行き 京王多摩川 28.8.212.jpg
     ▽ 新線新宿行き臨時急行 京王多摩川 28.8.21 ▽

ことしの変化は、近年の京王線・相模原線のダイヤ充実、調布駅などへの分散乗下車の促進などか一つの要因として考えられますが、そもそも花火大会観覧者数の動向などにも関心が高まります。
今回は新線新宿まで急行で直通するサービスが実現する一方、折り返しによる相模原線下り臨時列車は設定されないという変化が発生しています。多くの臨時列車や下り臨時列車の設定は必要ないとの判断にいたったものと考えられます。

調布市花火大会の臨時ダイヤ、とりわけ臨時列車のありようについては、変革の時代に入っていると言えそうです。

[ご参考]

posted by 特急高尾号 at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

No829 京王 ことし9月16日、再びダイヤ改正


829-1 ダイヤ改正ニュースリリース.jpg
     ▽ ダイヤ改正を伝える京王のニュースリリース(一部)   26.8.16 ▽

京王は16日、ことし9月16日(金)に京王線、井の頭線の平日ダイヤ、同17日(土)に土休日ダイヤの改正を行うと発表しました。
昨年9月25日の大改正に続き、僅か1年あまりで再びの改正です。

[改定骨子]
リリース、及び平成28年8月17日日経新聞東京版によると、改正の骨子は
@平日早朝の都営新宿線直通乗り入れ列車の運転開始時刻の繰り上げ
A平日夕方、高尾山口発新宿行き準特急列車を新設し、17時台まで優等列車を運転
B井の頭線平日午前9時台の急行増発、などとなっています。

@の都営新宿線直通運転について

829-2 ダイヤ改正ニュースリリース.jpg
       ▽ 京王のニュースリリースから(一部)   26.8.16 ▽

橋本から都営新宿線への直通運転の開始時刻がこれまでは午前6時7分発からだったものを、5時48分発、5時57分発の2本も繰り上げて直通運転とし、都心方面への利便性をよりいっそう高めるというものです。

Aの高尾線について
829-3 ダイヤ改正ニュースリリース.jpg
      ▽ 京王のニュースリリースから(一部)   26.8.16 ▽

現行ダイヤは平日夕方16時台の特急2本の後は全て各停となり、都心方面へは北野で京王八王子発の特急・準特急に乗り換えとなります。改正後は16時台の特急に続き、17時台にかけて新たに準特急4本が新設されます。
京王八王子発の準特急と高尾線の各停を入れ替え、高尾山登山帰宅客などに対する高尾線から新宿方面への直通利便性の強化・拡充を図ることが狙いです。
この処置は、一般利用客にとっても大きな利便性向上に繋がります。

Bの井の頭線午前9時-9時30分渋谷到着の急行についても、現行ダイヤで増発可能との分析に達し、速達列車増発による競争力強化を狙ったものと言えます。

このほか平日夕方17時30分以降、新線新宿発京王線乗り入れ優等列車の全てを10両編成化。また全線の一部列車で時刻、行先、種別、編成両数等の変更も行うとしています。


今回の改定は、全体の大骨格は昨年9月25日の内容を継承しつつ、相模原線で早朝の都心方面直通列車の強化、高尾線で平日夕方の新宿方面直通列車の強化を図ったもので、従来の区分で言えば「ダイヤ修正」と「ダイヤ改定」の中間で、規模的にみれば「修正」に近いものです。

しかしその内容、方向性はまさに「改正」と言うべきもので、前回改正での未対策部分や "のりしろ" 部分について積極的に改正を実行、遅滞なく充実・強化を推進していくという姿勢が感じられます。
まさに先手、先手と手を打つことが、競合他社との競争に打ち勝つために必要な時代に入っている証しとして映ります。

その意味では残されている京王の大きな課題は、相模原線と高尾線の深夜時間帯、分けても午前0時台の運転本数、相模原線では速達性向上、高尾線では本線系との最終特急との接続実施などです。

利用者の真の要望は、有料座席指定列車新設だけではなく、ベーシックな通常輸送においての快適性や着席率向上、深夜時間帯のさらなる利便性の向上も強く求めています。
有料座席指定列車新設の前に、こうした基本的課題に取り組む方向性や具体性を見せることが、京王に求められている次の喫緊の課題だと思います。
今後のさらなる挑戦に、利用者として大きな期待を寄せたいと思います。

続きを読む
posted by 特急高尾号 at 11:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

No828 恒例 「鉄道フェステバル」 ことしも


828-1 京王 鉄道フェステバル 28.8.11.jpg

毎年夏恒例の「鉄道フェステバル」が、ことしも11日(木)から15日(月)までの日程で、京王デパート新宿店7階特設会場で始まりました。

828-2 京王 鉄道フェステバル 28.8.11.jpg

ことしも初日の午前10時過ぎに訪れると、すでに大勢の親子連れやファン皆さんで大賑わいでした。

このイベントは京王デパートが行う物販も兼ねた催事ですが、毎年京王の協力でファンも楽しめる展示物が見られるのが大きな特色です。
これまでも京王資料館所蔵のヘッドマークや昭和時代の自動券売機、信号取扱所設備、自動改札機などなど、数々の現物展示がファンを魅了してきました。
そしてことしはと楽しみに訪れたのですが−。

828-3 京王 鉄道フェステバル 28.8.11.jpg

京王電鉄のことしの取り組みは、鉄道関係の収蔵資料、物品等の展示ではなく、「TAKAOブース」を出展し、高尾山観光促進の一環として「ネイチャーガーデン」制作のイベントが行われていました。

828-4 京王 鉄道フェステバル 28.8.11.jpg

828-5 京王 鉄道フェステバル 28.8.11.jpg

毎度行われる物販品の中に、デワ600型の姿を見つけました。

このほか例年どおり電気通信大学などによるNゲージやミニシミュレーターの運転体験、他社も交えての鉄道グッズなどの販売が行われ、初日の午前中から暑い熱気に包まれていました。

828-6-2 京王 鉄道フェステバル 28.8.11.jpg

828-7 京王 鉄道フェステバル 28.8.11.jpg

京王関係の鉄道資料は見られませんでしたが、ことしはゲストを招いてのイベントは充実しています。
12日の「ニュースアーカイブスで見る鉄道」や「JTB時刻表編集長トークショー」、13日の鉄道と音楽のトーク&ライブなどは、一見の価値がありそうです。
とくにアーカイブス映像では、優れた撮影・編集技術で知られる毎日映画社所有の「昭和の鉄道風景」を上映するとありますから、京王電車が登場する可能性が大で楽しみです。

828-8 京王 鉄道フェステバル 28.8.11.jpg

828-9 京王 鉄道フェステバル 28.8.11.jpg

828-10 京王 鉄道フェステバル 28.8.11.jpg

きょうはことしから制定された祝日の「山の日」とあって、プラットガールさんもいつもの制服姿とは変わってご覧の井手達で登場。間合いには大学の出展コーナーで熱心に鉄道システムの展示を見たり、子ども達と触れ合っていました。

この鉄道フェステバルは京王デパート主催であるため、京王電鉄のホームページでは詳細は分かりません。
14日の日曜日にも「ママ鉄&子鉄の鉄活トーク」、いすみ鉄道社長が登場する「大人のスロー鉄活」などのショーも行われます。
ご関心の方は、京王デパート新宿店のホームページをご参照ください。


各年度の、京王からの展示資料等は以下をご参照ください
posted by 特急高尾号 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

No827 8013Fグリーンカー 動物園線を行く



827-1 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg
       ▽ 動物園線を走る8013F 高幡不動 28.8.6 ▽ 

8月6日昼過ぎ、高幡不動駅下りホームで、偶然にも素晴らしいチャンスに恵まれました。
なんと動物園線の土休日午後の多客時輸送運用(13時52分から6往復)に、グリーンカー8013Fが投入されていたのです。

827-2 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg

目の前に、8013F、グリーンカーが迫ってきます。

827-3 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg

827-4 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg

827-6 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg

グリーンのボディに、行き先「各停 多摩動物公園」!の表示です。
京王電車ファンとしては、血が躍ります!。
走行風景を撮影すべく、急きょ多摩都市モノレールへ。俯瞰ショットが撮れる高幡不動の次駅、程久保駅へ急行します。

827-5 8013F 高幡不動-多摩動物公園 28.8.6.jpg

827-7 8013F 高幡不動-多摩動物公園 28.8.6.jpg
   ▽ 動物園線を行く8013Fグリーンカー  
              多摩都市モノレール程久保駅から撮影 ▽

827-8 8013F 高幡不動-多摩動物公園 28.8.6.jpg

来た、来た、来ました!。8013Fグリーンカーがやって来ました!。
動物園線を行く、「高尾山トレイン」、8013Fです。
猛暑も吹き飛ぶというよりも、撮影の興奮で、汗だくだくでした。

827-9 7201F 高幡不動-多摩動物公園 28.8.6.jpg

高幡不動へ戻る多摩都市モノレールの車内からは、なんと7201Fの走行風景も撮影出来るという、素晴らしいオマケ付きでした。

827-10-2 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg

多摩動物公園行きとして、高幡不動駅を発車した直後の8013Fです。
行先表示は、すでに折り返し行先の「高幡不動」を表示しています。
こうしたカットは、京王電車ファンとしては、胸がゾクゾクする、貴重なカットです(実は、撮影時は気付いていませんでしたが  笑)。

827-11 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg

この日は、スタンプラリーのヘッドマークを取り付けた7021Fとの顔合わせも撮影出来ました。

827-12 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg

高幡不動駅下り2番線ホームの8013Fです。
思いもかけず、8013Fグリーンカーの貴重な活躍場面を撮影出来た、最良の日となりました。
多摩地区在住の京王電車ファンの特権です。
今回は、年甲斐もなく、少々はしゃいでしまいました。

続きを読む
posted by 特急高尾号 at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

No826 井の頭線リニューアル第2陣1002F登場


826-1 1002F 渋谷 28.8.2.jpg
    ▽ 井の頭線リニューアル第2陣1002F  渋谷  28.8.2 ▽

井の頭線1000系のリニューアル第2陣、1002Fがこのほど完成し、営業運転に就いています。
8月2日、朝の通勤時に遭遇し、明大前→渋谷間を乗車することが出来ました。

826-2 1002F 渋谷 28.8.2.jpg
  ▽ 1702号車内 優先席中央にも区分を兼ねる手すりが設置された ▽

1002Fのリニューアルについては、トップバッターの1001F同様、座席、床、壁面、吊り輪の刷新、ドア交換、ドア脇仕切り板設置、ドア上2画面情報モニターの新設、3号車のT車(1502)→M車(1052)化、全ての車両に車いす・ベビーカーゾーンの設置などが、乗車によって確認できました。

また今回は、優先席に新しい変化が起こりました。
8000系大規模改修第4陣、8005F8705号で試験設置されている優先席座席中央での手すりポールの新設が、1002Fでは全車両の優先席で行われています。

826-4 1701 渋谷 28.8.2.jpg

トップバッターの1001Fも、出場時は取り付けられていませんでしたが、4月以降に取り付けられたようで、現在は全ての優先席に手すりポールが取り付けられています。

今後京王の車両は各車両に車いす・ベビーカーゾーンが設置され、また優先席中央にも手すりポールが設置されていくという流れになりそうです。

826-3 1002F 渋谷 28.8.2.jpg
       ▽3号車のT車1502はM化され1052号に ▽

さて1002Fに続く次のリニューアルは1003Fなのか、はたまた別の編成になるのか−。関心が集まりますが、1003Fは8月2日現在、運用に入っていました。

京王線では8000系大規模改修第8陣の8001Fが、まもなく出場になると思います。(もう出ているかもしれません)。こちらでも優先席に手すりの新設など、新しい変化が起こる可能性があります。
京王電車の動向には、ますます目が離せません。

posted by 特急高尾号 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする