2016年05月13日

No812 点描京王線 新緑の山口で13Fに逢う


さわやかな陽気と薫風に誘われて、いつもとは反対方向の高尾山口へ−。

812-1 高尾−高尾山口 28.5.13.jpg

高尾を発車してすぐのトンネルを抜けると、
そこは雪国ならぬ、一面新緑の高尾線の絶景が迎えてくれます。

812-2 高尾−高尾山口 28.5.13.jpg

高尾−高尾山口間は単線なので、対向列車は見られませんが、自らの線路だけが先に延びているこの光景が、何ともいえません。

812-3 高尾−高尾山口 28.5.13.jpg

深い緑色の先は再びトンネルが−。
そしてその先には、高尾山口駅で待機している対向列車が、自らの車体を朝日に輝かせているさまが、かすかに見てとれます。

812-4 高尾−高尾山口 28.5.13.jpg

何と "高尾山トレイン" 、8013Fが出迎えてくれました。

812-5 高尾−高尾山口 28.5.13.jpg

背後の高尾山の緑と、自ら纏ってるもと2000系 "京王グリーン" との競演です。
しかも緑のヘッドマーク付き特急とくれば、もう舞台装置は完璧です。

812-6 高尾−高尾山口 28.5.13.jpg

高尾山口駅で大きく深呼吸をしていると、8013Fは休む間もなく、すぐに発車です。

812-7 高尾−高尾山口 28.5.13.jpg

812-8 高尾−高尾山口 28.5.13.jpg

いま来た道を、こんどは赤いテールランプを輝かせながら、武蔵野の緑輝く沿線に向け、軽快にノッチを上げていきました。

一日切符も出来たことですし、四季折々の "京王散歩" が、気軽に、そして身近になりました。

平成28年5月13日記す

posted by 特急高尾号 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 点描 京王線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437831972
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック