2016年08月06日

No827 8013Fグリーンカー 動物園線を行く



827-1 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg
       ▽ 動物園線を走る8013F 高幡不動 28.8.6 ▽ 

8月6日昼過ぎ、高幡不動駅下りホームで、偶然にも素晴らしいチャンスに恵まれました。
なんと動物園線の土休日午後の多客時輸送運用(13時52分から6往復)に、グリーンカー8013Fが投入されていたのです。

827-2 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg

目の前に、8013F、グリーンカーが迫ってきます。

827-3 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg

827-4 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg

827-6 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg

グリーンのボディに、行き先「各停 多摩動物公園」!の表示です。
京王電車ファンとしては、血が躍ります!。
走行風景を撮影すべく、急きょ多摩都市モノレールへ。俯瞰ショットが撮れる高幡不動の次駅、程久保駅へ急行します。

827-5 8013F 高幡不動-多摩動物公園 28.8.6.jpg

827-7 8013F 高幡不動-多摩動物公園 28.8.6.jpg
   ▽ 動物園線を行く8013Fグリーンカー  
              多摩都市モノレール程久保駅から撮影 ▽

827-8 8013F 高幡不動-多摩動物公園 28.8.6.jpg

来た、来た、来ました!。8013Fグリーンカーがやって来ました!。
動物園線を行く、「高尾山トレイン」、8013Fです。
猛暑も吹き飛ぶというよりも、撮影の興奮で、汗だくだくでした。

827-9 7201F 高幡不動-多摩動物公園 28.8.6.jpg

高幡不動へ戻る多摩都市モノレールの車内からは、なんと7201Fの走行風景も撮影出来るという、素晴らしいオマケ付きでした。

827-10-2 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg

多摩動物公園行きとして、高幡不動駅を発車した直後の8013Fです。
行先表示は、すでに折り返し行先の「高幡不動」を表示しています。
こうしたカットは、京王電車ファンとしては、胸がゾクゾクする、貴重なカットです(実は、撮影時は気付いていませんでしたが  笑)。

827-11 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg

この日は、スタンプラリーのヘッドマークを取り付けた7021Fとの顔合わせも撮影出来ました。

827-12 8013F 高幡不動 28.8.6.jpg

高幡不動駅下り2番線ホームの8013Fです。
思いもかけず、8013Fグリーンカーの貴重な活躍場面を撮影出来た、最良の日となりました。
多摩地区在住の京王電車ファンの特権です。
今回は、年甲斐もなく、少々はしゃいでしまいました。


posted by 特急高尾号 at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
酷暑の季節がやってきましたが夏バテなどしていませんか?
さて今回のネタですが、よ〜くわかります。興奮が伝わってくる感じですよ。
写真を趣味にされている方は、偶然の出会いなどで思い掛けないシーンに出くわすと、
気持ちが高揚して普段よりいい写真が撮れると聞いたことがあります。
私は写真の趣味がないのでこういう感動はわからないのですが、きっと特別な思いが込み上げてくるのでしょうね。羨ましいですよ。
今回は運用の変更等があっての配置だと思いますが、夏休みということもあっての計らいだと思います。いいサービスですね。
外は暑いですから、余計お熱にならないようにお願いします。
私の関心時は、花火大会の臨時ダイヤになっています。まだ発表しませんね。もう出ると思いますが早く見たいもんです。
しかし個人的にはあまり期待していません。驚くようなダイヤは組まないと思いますから。
一大イベントなんですから、思い切った取り組みが欲しいですね。花火のラッピングトレインなんかいいと思うのですが。
そうしたら写真撮るもんなんですか?
長文失礼しました。

Posted by 調布の松 at 2016年08月07日 15:05
調布の松さま
鉄道写真を撮る人の心境をよく捉えられています。その通りです。
時々、こういう興奮に出会えることが、趣味の醍醐味ですね。この場合、お子さんも年配者も関係なく、みな同じ心境です。
京王の場合、その舞台は高幡不動と若葉台と言うところでしょうか。
少しの変化も見逃さない感覚と瞬発力、それに行動力が成果をもたらします。あらかじめ設定されたイベント列車ではなく、日常の中の少しの変化を見出す喜びです。

花火大会の臨時列車は、近年は縮小の一途ですね。調布市と京王のタイアップがもっと前向きになれば、状況は変わるのでしょうか。
変化を期待したいですね。
Posted by 特急高尾号(コメント返信) at 2016年08月07日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440804121
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック