2016年08月17日

No829 京王 ことし9月16日、再びダイヤ改正


829-1 ダイヤ改正ニュースリリース.jpg
     ▽ ダイヤ改正を伝える京王のニュースリリース(一部)   26.8.16 ▽

京王は16日、ことし9月16日(金)に京王線、井の頭線の平日ダイヤ、同17日(土)に土休日ダイヤの改正を行うと発表しました。
昨年9月25日の大改正に続き、僅か1年あまりで再びの改正です。

[改定骨子]
リリース、及び平成28年8月17日日経新聞東京版によると、改正の骨子は
@平日早朝の都営新宿線直通乗り入れ列車の運転開始時刻の繰り上げ
A平日夕方、高尾山口発新宿行き準特急列車を新設し、17時台まで優等列車を運転
B井の頭線平日午前9時台の急行増発、などとなっています。

@の都営新宿線直通運転について

829-2 ダイヤ改正ニュースリリース.jpg
       ▽ 京王のニュースリリースから(一部)   26.8.16 ▽

橋本から都営新宿線への直通運転の開始時刻がこれまでは午前6時7分発からだったものを、5時48分発、5時57分発の2本も繰り上げて直通運転とし、都心方面への利便性をよりいっそう高めるというものです。

Aの高尾線について
829-3 ダイヤ改正ニュースリリース.jpg
      ▽ 京王のニュースリリースから(一部)   26.8.16 ▽

現行ダイヤは平日夕方16時台の特急2本の後は全て各停となり、都心方面へは北野で京王八王子発の特急・準特急に乗り換えとなります。改正後は16時台の特急に続き、17時台にかけて新たに準特急4本が新設されます。
京王八王子発の準特急と高尾線の各停を入れ替え、高尾山登山帰宅客などに対する高尾線から新宿方面への直通利便性の強化・拡充を図ることが狙いです。
この処置は、一般利用客にとっても大きな利便性向上に繋がります。

Bの井の頭線午前9時-9時30分渋谷到着の急行についても、現行ダイヤで増発可能との分析に達し、速達列車増発による競争力強化を狙ったものと言えます。

このほか平日夕方17時30分以降、新線新宿発京王線乗り入れ優等列車の全てを10両編成化。また全線の一部列車で時刻、行先、種別、編成両数等の変更も行うとしています。


今回の改定は、全体の大骨格は昨年9月25日の内容を継承しつつ、相模原線で早朝の都心方面直通列車の強化、高尾線で平日夕方の新宿方面直通列車の強化を図ったもので、従来の区分で言えば「ダイヤ修正」と「ダイヤ改定」の中間で、規模的にみれば「修正」に近いものです。

しかしその内容、方向性はまさに「改正」と言うべきもので、前回改正での未対策部分や "のりしろ" 部分について積極的に改正を実行、遅滞なく充実・強化を推進していくという姿勢が感じられます。
まさに先手、先手と手を打つことが、競合他社との競争に打ち勝つために必要な時代に入っている証しとして映ります。

その意味では残されている京王の大きな課題は、相模原線と高尾線の深夜時間帯、分けても午前0時台の運転本数、相模原線では速達性向上、高尾線では本線系との最終特急との接続実施などです。

利用者の真の要望は、有料座席指定列車新設だけではなく、ベーシックな通常輸送においての快適性や着席率向上、深夜時間帯のさらなる利便性の向上も強く求めています。
有料座席指定列車新設の前に、こうした基本的課題に取り組む方向性や具体性を見せることが、京王に求められている次の喫緊の課題だと思います。
今後のさらなる挑戦に、利用者として大きな期待を寄せたいと思います。


posted by 特急高尾号 at 11:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暑いですな。
さて私のブログにも書きましたが、いい傾向だと思います。
実態に合わせて対応できることは対応する。
利用者にとっても利便性が向上することはいいことですからね。
あとは都営線車両と京王側の全10両化ですな。
都営線のことは述べたのですが、京王線も必要かと。
経営的な問題等はあるかと思いますが、共通化という部分では必要だと思っています。
あとは8000系や7000系も都営線内へ乗り入れ可能にするのも必要かなと。
そうすれば、いかなる状況でも柔軟に運用できるのは双方にとってもいいことだと思っています。
脱線しましたが、利用者のわがままにも応えてくれる企業であってくれることを
切に願っているところです。
Posted by 調布の松 at 2016年08月17日 13:07
調布の松さま
暑いですね。
そして「京王線コメント部屋」も、最近は過熱していますね。ご自愛ください。
さてダイヤ改正ですが、いろいろと積極的に取り組んで欲しいですね。
有料列車創設を急ぐあまり、あるいは有料列車に誘導するために、基本の輸送サービスがないがしろになっては本末転倒です。
相模原線や高尾線の利用客は、もっと声を上げるべきですね。
Posted by 特急高尾号(コメント返信) at 2016年08月17日 15:40
いつも楽しく拝読しています。

今回のダイヤ改正の速さには驚きました。
京王で1年後なんて、異例かと思われます。

私は今のダイヤに概ね満足していますが、
唯一、笹塚と新線新宿での時間調整が不満です。
二社で密に調整したら、何とかなりそうに思いますが。

今回の改正で「改正」される事を祈っています。
Posted by ふじ田 at 2016年08月18日 11:37
ふじ田さま
いつもお便り、ありがとうございます。
このような早い対応を見ていると、昔のように大様に構えてはいられない時代に入っているようにつくづく感じますね。迅速な対応はいいことだと思います。

今期ダイヤでは京王線関係の緩急接続や北野での逆転接続は解消されましたが、逆に相模原線関係新線新宿、笹塚、多摩センターなどの時間調整の長時間停車が、利用者にとってはなんともまどろっこしいですね。今後を注視していきたいと思います。
Posted by 特急高尾号(コメント返信) at 2016年08月18日 14:02
今年もまたダイヤ改正をやるんですね。他社でも1年毎に少しずつ修正していってるところも多いのでそれにならったんでしょうか。出来るところから少しずつ修正していくのは良い事だと思います。ただ、流石に1年では全ての不具合を修正するのは厳しいでしょうから、そうしたところの修正は次回以降の改正に期待したいところです。
今回の改正では電車の時刻自体はあまり変わらなさそうですが、直通増発や編成両数の変更などで車両運用は割と大きく変わりそうですね。こうして見るとダイヤを少し修正するのもとても大変な作業なんだなぁと痛感します。
今後もより良いダイヤ作成を頑張って欲しいですね。
Posted by 京介 at 2016年08月23日 11:13
京介さま
おたより、ありがとうございます。
確かに、都営車10両編成の効果的使用などにより、車両運用の見直しなど、現場レベルの改善も大きな目的としてありそうですね。
新車製造にかかるコストが当分ないとはいえ、ダイヤ改正は多大な経費が必要になると思われます。それでも見直しに入るという姿勢は評価できると思います。
今後も楽しみです。
Posted by 特急高尾号 at 2016年08月24日 00:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック