2017年01月03日

No868 充実展示 2017新春「京王れーるランド」


868-1 れーるランド正月展示 29.1.2 .jpg

2017年、新春の京王れーるランドです。
ことしも驚きの展示、それに今回は新たに貴重な資料、引退車両の貴重な保存部品などの展示も行われています。

868-2 れーるランド正月展示 2410号  29.1.2.jpg

なんと2410号の行先表示枠に、「賀正」のプレートが。
この素晴らしいシンプルさに、絶句でした。

868-3 れーるランド正月展示 2015  5723号  29.1.2.jpg

2015号や5723号にも−。

868-4 れーるランド正月展示 2015号  29.1.2.jpg

2015号は、なんと「絵馬電」となっていました。
ヘッドマークは、れーるランド特製、大変手の込んだ素晴らしい出来栄えのものでした。
「絵馬電」の中はといいますと、後ほどご紹介します。

868-5-2b れーるランド正月展示 5723号  29.1.2.jpg

5723号は、元祖オリジナルの「迎光号」ヘッドマークと、特急板でお客様をお迎えです。

868-6 れーるランド正月展示 3719号  29.1.2.jpg

868-7 れーるランド正月展示 6438号  29.1.2.jpg

3719号は手作りの迎春マーク、6438号は特急高尾山口行きの種別・行先表示に加え、「高尾号」のヘッドマーク付きです。
サービス精神満点の、それぞれの展示車両の顔立ちです。

868-8 れーるランド正月展示 2015号  29.1.2.jpg

868-9 れーるランド正月展示 2015号  29.1.2.jpg

そして、これです。先の「絵馬電」2015号の車内です。
絵馬のカード、筆記台も用意され、さらにドア部分には仮設の絵馬掛処も設置するという大サービスぶりです。
また賀正などのヘッドマークを取り付けた新春を走る京王電車の数々の写真も、吊り広告のスペースを使って展示されています。

868-10 れーるランド正月展示 2015号  29.1.2.jpg

今回は2015号の中でも、各種資料が展示されています。
注目は昨年4月に引退、廃車されたデワ600に関する様々な保存物と資料、解説コメントです。
6000系一般車からの改造経緯の説明、601・621・631号のナンバープレート(外側形式板)はもとより、日本車輌、東急車輛の鋳物製の車両製作会社銘板などの部品を間近に見ることが出来ます。

868-11 れーるランド正月展示 2015号  29.1.2.jpg

多くの車両の、ナンバープレートの展示も目を引きます。

868-12 れーるランド正月展示 2015号  29.1.2.jpg

そして8000系大規模改修車の銘板も殿堂入りしていました。びっくりです。
「8805」号の小型のナンバー銘板は、先頭車の車体から切り取った貴重なものだと思います。

868-13 れーるランド正月展示 2015号  29.1.2.jpg

とにかく、楽しませていただきました。
いつもながら、手作りの、ぬくもりのある各種展示で、れーるランドを訪れるファンや人々を飽きさせません。

れーるランドの運営が、京王の元社員で行われていること、その方々の展示に対する創意工夫、熱意がもたらしている大きな成果だと思います。京王資料館の協力も、大きな援軍です。
また今回はデワ600関係の展示に、詳細なコメント、説明文が添付されました。大きな変化です。

こうした積み重ねを通じ、徐々に博物館機能を充実・強化していくことが、京王にとっても「れーるランド」を、より一層価値のある施設へと変貌させていくことに繋がると考えます。

posted by 特急高尾号 at 20:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやいやあ、元日からのまさかの3日連続更新。飛ばしていますねえ。
私も年末から体調が悪くて、あまり遠出ができないもので
れーるらんどにも行きたいのですが、折を見て行こうと思っています。
しかし新年から華やかですねえ。中の展示は今月いっぱい位やってますかね?
また見に行きたいと思っていますので、今はこのブログで我慢しておきます。
あ、大晦日ダイヤの感想をブログに載せておきました。大したことは書いていませんが。
まだダイヤそのものは細部分析中です。完成したらまたご報告します。
それでは。
Posted by 調布の松 at 2017年01月04日 11:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445483671
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック