2017年03月31日

No880 菜の花満開 井の頭線


880-1 菜の花 井の頭線 下北沢 29.3.30.jpg

井の頭沿線の菜の花が、いま見ごろを迎えています。

定番の新代田−下北沢間の光景です。
ことしも菜の花は見事に咲き誇っていて、下北沢駅ホーム先端から菜の花と井の頭線電車のコラボレーションが楽しめます。

880-2-3 菜の花 井の頭線 下北沢 29.3.30.gif

1枚目の写真の反対側、新代田−下北沢間の踏み切り部分から下北沢駅方向を望んでいます。
上り坂、菜の花の向こうに下北沢駅が見えます。
肉眼より、こうして写真の世界の方が魅力的に見え、駅の喧騒が聞こえてくるようです。

一方下り電車はすで発車しているのですが、望遠レンズのファインターの世界にはまだ走行音は聞こえず、無音の世界の中で電車が迫って来る、独特の空気感を味わうことが出来ます。

880-3 菜の花 井の頭線 池ノ上 29.3.30.jpg

もうひとつの定番スポット、池の上駅ホームから駒場東大前方向を見ています。ここの光景は昨年までと比べて、大きく変わりました。
線路の両側、満開の菜の花の前に、ことしは安全柵が取り付けられています。
しかも菜の花が強剪定されていて、昨年と比べると景観が大きく変化しています。

880-4 菜の花 井の頭線 池ノ上 29.3.30.jpg

サイドから見てもご覧の通りです。安全対策上はやむをえないとしつつも、柵が張られた姿には少々寂しさを感じました。 

880-6 菜の花 井の頭線 池ノ上 29.3.30.jpg

新しい撮影箇所を見つけました。池ノ上駅下り方、上り線路脇です。
線路脇で、菜の花と井の頭線電車とのコラボ撮影が出来る場所は、そう多くはありません。

桜と違って菜の花は、東松原−駒場東大前の狭い範囲に限定されていますが、逆にロケハンも簡単ですし、好みの場所を見つけての撮影は楽しいものです。

ただし、井の頭線のホーム先端は幅が狭く、また線路脇は意外に人と電車との距離間が近いため、安全には細心の注意が必要です。

 〇撮影:平成29年3月30日

posted by 特急高尾号 at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暖かくなりませんね。
さてお得意のお花ネタですね。確かに綺麗ですよね。
あまり乗る機会がないので、しみじみ見ることがないのでこういう所で拝見しています。
確かに安全柵が付くと見栄えが悪くなりますが、やむを得ないところでしょうか。
こういう季節の花々を見ながら電車に乗る、いい光景です。
京王線もこういう場所を作って頂けると、目の保養になっていいのですがね。
次回は紫陽花ですよね。楽しみにしています。
くれぐれも注意してお撮り下さい。
Posted by 調布の松 at 2017年04月01日 12:43
調布の松さま
ご覧いただきありがとうございます。
高級カメラをお持ちの皆さまが、こうした写真を撮っている姿はあまりお見受けしません。皆さまはどうしているのでしょうか。
井の頭線は規模も小さく、ロケハンも簡単ですから、いろいろな写真が登場して欲しいですね。
Posted by 特急高尾号((コメント返信)) at 2017年04月01日 16:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック