2011年02月27日

No235 6000系記念乗車券について

きょう27日、間もなく引退する6000系の「ありがとう6000系記念乗車券」が、京王の全駅で朝7時から発売されました。

235-1 6000系記念乗車券.jpg
▽ きょう発売の記念乗車券 京王のホームページから  23.2.27 ▽

しかし各駅では午前7時の発売前から購入希望者が並び、あっという間に売切れてしまったようです。私は仕事でしたので、家族が駅に買いに行くと、「午前10時半現在、各駅で売れ切れ。あとは新宿駅のみで200セットだけある」との説明を受けました。

長く沿線利用者に親しまれ、車内ポスターでも発売を広報した記念乗車券ですから、もう少し安い値段、少なくとも小学生がお小遣いで買え、そして誰でもが早朝から並ぶようなことなく気軽に購入できる環境、販売施策が出来なかったのかと、少々残念でした。

ちなみにいくつかの駅で聞いてみたところ、井の頭線のとある各駅停車駅では販売セット数が僅か10、高尾線の特急停車駅が30で7時半で売れ切れ、6022Fが走る高幡不動駅では60セットで5分で完売したということです。

全体としては6000系が39年間働いたのでそれにならい3900セットを販売とホームページにありましたが、昨年9月のNHKテレビ小説「ゲゲゲの女房」の記念乗車券が新宿、調布、つつじヶ丘の3駅のみの限定で5000セット販売した時も午前中で完売でしたから、やはり発売枚数の絶対数が少なすぎたと思います。

ということで私は記念乗車券を求めることが出来ませんでしたが、ホームページの写真を見るとかなり良さそうなので、とても残念に思ったのは私だけではないと思います。
今後も記念乗車券類の発売を続ける計画であれば、本来の趣旨に則って、廉価で、誰でも気軽に、何処の駅でも並ばずに買えるような工夫が必要だと思います。


posted by 特急高尾号 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

No214 2011 新年おめでとうございます

京王線を代表する、4形式の車両の揃い踏みです。

214-1 4形式の揃い踏み 高幡不動 22.7.4.jpg
▽ 手前から9000系、6000系、8000系、7000系 
                   すべて現役車両です 高幡不動 ▽ 

新しい年、2011年、平成23年、おめでとうございます。

ことしの京王は、なんと言ってもまずは22年度中、暦の上では23年3月中に行われる、井の頭線を除くすべての京王各線のATC化ですね。
これにより運転保安度が格段に向上するばかりか、乗務員による人的勘違い等によるオーバーランの未然防止など、鉄道運行に関するシステム全体の向上が図られることになり、昨年続いた各種の運転トラブルなども未然に回避できる体制となります。
一方でATCの列車制御速度が5キロ刻みとなるため、列車停車時の運転速度の低下が発生し、適正な運転習熟が安定するまでは、京王各線での遅延状態がしばらく発生する可能性もあります。
このあたりは昨年ATC化が先行した相模原線のノウハウを十二分に活かして欲しいと思います。

214-2 6412Fほか4形式揃い踏み 高幡不動 22.7.4.jpg
▽ 平日の昼前、偶然に並んだ4形式   
           高幡不動5番ホームから撮影 22年7月4日午前 ▽

ついでこのATC化で、3月中旬頃にダイヤ改訂(または修正)があるものと思われます。
この改訂は、ATC化にあわせて行われるATC設備未搭載車6000系の一掃、それに伴う車両運用の見直しやATC化に伴う時分の見直し等によるものと思われます。
これの期日や規模、車両運用の見直しがどの程度の内容となるのか、ファンならずとも毎日京王線を利用する者として、大いに気になるところです。
京王線、相模原線の朝間ダイヤの所要時間の年々の増加、そして他大手私と比して23時台以降の深夜時間帯での改善すべき内容が多いダイヤを思えば、今回の改訂で少しでも利便性の向上が図られるよう、大いに期待したいところです。

214-3 6416Fと並ぶ7025F 東府中.jpg
▽ 駅舎工事中の東府中を発車する6416F
           同時刻、通過併走の7021F準特急 22.12.10 ▽

最後に、6000系の全廃がいよいよ現実のものとなりますね。
ダイヤ改訂に合わせ、3月中頃が終焉期と思われます。
1月4日以降の朝の6412F+9000系の準特急や急行運用、競馬場線のオリジナルカラーの6416F、動物園線の6022Fなど、いよいよ撮影と乗車の最後の季節です。
関東地方は毎年2月、3月に降雪がありますので、一面の銀世界を走る6000系の撮影機会はまだあると見てよいでしょう。それに毎年2月恒例の“高尾 そば急行”などに充当されれば最高なのですが、さてどうなりますことやら。桜は無理でも、梅の花との共演や、多摩川と富士山を背景に走る朝の6000系はねらい目ですね。

いずれにしてもATC化、これに伴うダイヤ改正、列車運用の見直しが完了すると、2012年度完成予定の調布駅付近の大規模地下化工事(連続立体交差事業)の完成まで、しばらく京王は静かになりますね。

214-4 京王ポスターより.JPG
▽ 昨年、京王のポスターに登場した
                  京王線5000系 井の頭線3000系 ▽

さて、当ブログ「京王線 井の頭線応援歌」は、平成21年4月にスタートしました。
現在、多くの皆さまに愛読されています。こころより感謝しています。
本年もお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

posted by 特急高尾号 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

No113  6017Fに乗り合わせて…

113-1 6017F 高尾線22.2.26.JPG
  ▽ 6017Fはきょうも健在            22.2.26 ▽

きょうの帰り道、6017Fに乗り合わせました。
午後11時台だというのに、車内はそれなりの込み方で、ちょうど全員着席、空席わずか…、と言った深夜の光景でした。

さてその6017Fを含むのでしょうか、京王のサイトに24日、“6000系、3000系の廃車車両部品の販売”のお知らせが掲出されました。

京王サイト http://www.keio.co.jp/

多摩動物公園にある「京王れーるランド10周年イベント」の一環として、3月24、27日に、車号プレート、銘板、車内路線図、つり輪等を販売すると言うものです。旧塗装にオメカシした6416Fがヘッドマークを取り付けての展示もあるということで、もしかすると先ごろ中止となった6017Fによる「高尾」号用のマークが取り付けられる可能性もありますね。

それはさておき、6000系廃車車両の部品販売ですが、すでに廃車されている6014F、6015Fはもとより、いままさに自分が乗っている6017Fもその対象になるのかと思うと、なんだか複雑な気持ちになりました。
いま乗っているこの電車の車号プレート、銘板、車内路線図、つり輪が半月後にはバラバラに解体されて販売されていく…、なんだか妙な気分になったものでした。

113-2 6017F高尾線 22.2.26.JPG
 ▽ あともう少しのお勤め 6017F            22.2.26 ▽

私をそんな気持ちにさせた6017Fは、何事も無かったように、闇夜に消えていきました。

posted by 特急高尾号 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

No91   “京王電車 初夢”

91-1 新年の8000系8033F 高尾山口 22.1.3.jpg
  ▽ 参詣客で賑わう高尾山口駅に進入の8033F  22.1.3 ▽

新年にあたり、題して「2010 京王電車 初夢」です。
「夢」ですから、実現度、現実の問題は無視しています。欲張りで、3つも夢を見ました。

はじめは「深夜時間帯のダイヤ 大改正」です
笹塚以西の高架化の完成までざっと15年、その後の地下複々線計画の完成までは30年はかかるでしょうか。
昨年は高架化対象区間の沿線住民の不安やストレスとは裏腹に、このニュースが京王線遠距離通勤者にとっては朗報となりましたが、果たして完成まで私は生きているかどうか…。そう自分を嘆いていると、何とそれまでのせめてものサービスとして、今年4月から深夜時間帯のダイヤを大改正することが決まりました。

91-2 深夜の北野駅高尾線 6565車 21.9.jpg
  ▽ 深夜時間帯の京王線ダイヤに、強化・充実を望む声は多い
        6000系6015F  高尾線普通列車   北野 21.9.10 ▽

さすが京王、内容は現在22時台まで運転している下り準特急、急行、快速系の基本ダイヤを24時まで延長、それに連動して相模原、高尾線の最終電車時刻も延伸し、全線で最終電車の終点到着を午前1時〜1時30分とするということです。
何でも聞くところによりますと、これまでは保守時間の確保や輸送実績などから深夜時間帯のダイヤは必ずしも利用客の望むものではなかったのですが、並行するJRや私鉄線との競争も視野に入れつつ、今後は“お客様本位”に方針を大転換していくということです。

平日の22時台の準特急によく乗るのですが、本当に混んでいますね。そして23時台は優等列車が急行になり、かつ20分間隔となります。また急行の直後に発車する高幡不動行き普通列車3本は、途中京王八王子方面への緩急接続、追い抜かれはなく、結局終点まで一番先の到着となります。つまり現状の23時台は、20分間隔の急行を待つか、それとも普通列車の人にならざるを得ないのです。

「朝は仕方がないとしても、ならばせめて夜間は早く、快適に運んで欲しい…」。遠距離通勤の私の長年の願いが今回叶うことになり、新年から大きなお年玉をもらった気分になりました。


つぎに優等列車にヘッドマーク/アド・トレインの無料公開です
オンシーズンの休日、高尾山口行き特急、準特急、多摩動物園行き急行の先頭車両、最後部車両に、沿線児童をはじめインターネットによる図案公募で製作したヘッドマーク、トレインマークを掲出することが決まりました。

これは沿線利用客との結び付きをより一層強めていく京王の新しいサービス施策の一つとして行われるということです。沿線の児童、利用客をはじめ、高尾山を訪れる訪問客と京王電車の親近感を醸成します。
また「アド・トレイン(広告貸し切り列車)」を年間の一定期間、無料で沿線児童・利用客に提供し、写真や絵画などの発表の場として公開、活用してもらうことになりました。

列車の運行には直接の関係はありませんが、京王電車と利用者を繋ぐ小道具としては最良です。知恵と工夫でいろいろな挑戦が出来そうですが、将来は乗務員から様々なアイデアが登場し、新しい流れが産まれるとよいですね。


最後は“冷房 エコトレイン”の運転です。
二酸化炭素削減の時代要請に積極的に応えていくため、この夏から弱冷房車を倍増するとともに、全車両の冷房温度も1度上る実験的な取り組みを開始するということです。
実にタイムリーで、かつ大胆、革新的な取り組みにびっくりしました。

91-3 8000系弱冷房車 22.1.3.jpg
  ▽ 京王の冷房は“冷やしすぎ”の声も
         一般車を避けてわざわざ弱冷房車に乗る人も… ▽

導入の社会的背景はすでに出来ているのですから、あとはいかに利用者のコンセンサスを掴むかにかかっています。時間帯や曜日、設定温度などの諸条件について、“社会実験”も行うということですから本格的です。

通勤車両の冷房化では、昭和40年代前半、日本初の3扉ロングシート車の冷房車を登場させた京王が、今度は全車両、全時間帯での“冷房エコトレイン”を実施すれば、公共輸送機関の先進的取り組みとして、再び名を高めることになるでしょう。
利用客の理解が前提ですが、ぜひとも推進、実現を目指して欲しいと思います。


いかがでしたか。
「夢」ですから、実現度は無視してと冒頭に書きましたが、どれも莫大な経営投資は必要なく、実施に向けて検討をすぐに始められる事ばかりです。

現在進められている車両や駅舎の近代化、バリアフリー化、ATC化などの安全対策に加え、「より利用客本位のダイヤ設定」、「ヘッドマークやアド・トレイン公開等を通じた利用客との交流」、「時代要請に応えたエコトレインの開始」など、新しい潮流への取り組みを期待しています。

この「初夢」、「正夢」になることが京王線利用歴30年の、本当の私の「夢」なのです。


posted by 特急高尾号 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

N062 台風18号 速度規制の影響で…

昨日8日の台風18号は、とりわけ風が強く、その影響で首都圏のJR線は一時全面運休になるほどでした。なんと首都圏だけでも、JR発足以来最大の運休規模、296万人の足に影響が出たと、テレビのニュースが何度も報じていました。

その理由は、沿線に設置している風力計の数がキーポイントで、JRは私鉄に比べて圧倒的に多く、昨日はその多くが運休規定の風速25メートル以上を記録したために、結果として全面運休に至ったというものでした。
因みにテレビニュースによると、風速計の設置は、東武が29ヶ所、京王は17ヶ所、西武は13ヶ所、そしてJRは首都圏の在来線だけでおよそ180ヶ所と伝えられていました。つまり私鉄は感度が悪く、JRは良いということでしょうか。
これは近年、JRは暴風による列車転覆事故を日豊本線ほかで経験しているために安全対策の一環として風力計の設置が進んでいる結果なのですが、その話はここでは省くことにします。

さてそうした中、京王では駅頭に“台風による速度制限により20〜40分の遅れ”などと利用客に注意を掲出しつつ、8日朝も運転が行われていました。
私は午後からの出勤だったのですが、各停は5分遅れで到着し、いつもどおり車内で、「高幡不動で特急と接続」とのアナウンスがありましたので安心していたのですが、その高幡不動で散々な目に遭いました。

来るべき特急は来ず、先にホームに停車していた10両編成車が特急になるのかと思いつつ、いや特急ではなく各停、いや車庫入り、再び各停と二転三転のアナウンスの後、ついに各停で新宿に向けて発車してしまいました。その後は今度来る列車は準特急、特急とまたまた二転三転し、しかも八王子方面から来る列車は8両編成ばかり。その都度運転打ち切り、いや各停とまたまた二転三転し、結局なんと連続して5本もの各駅停車新宿行きが、私の目前から発車していきました。途中駅では分からない、乗務区と車両基地がある高幡不動ならではの光景です。

そして私は、こういう時は運転指令も大変なんだろうなぁ…などと思いつつも、実際に特急が来るまで30分も待たされたのですから、いくら京王ファンといえども、さすがに“怒るぞぉっ!”の一歩手前でした。

さてさてこの話を夜に家内に話しましたら、「アハハ…。何言ってるのよ、JRは全線止まっていたのよ。それを思えば動いていただけで立派じゃない。少しは京王さんに感謝しなさいよ」と、一笑されてしまいました。

苦あれば楽ありではありませんが、乗り換えた井の頭線では、台風の影響だったのでしょうか、何と3025Fがやってきました。平日の日中に3000系を楽しめたのですから、まぁ、良しとしましょうか。

posted by 特急高尾号 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

No57 ちょっといい話(1)

日の昼前、高幡不動駅での光景
やってきた準特急電車の先頭車の一番前のドアから、年の頃20歳代前半のお洒落をした素敵なお母さんと、3歳くらいのかわいい男の子がホームに降り立たちました。
察するに運転室直後で、前方の光景や運転士の動作を食い入るように見つめてきたようで、まだ興奮覚めやらない様子です。
ホームでは、運転士の交代引き継ぎの光景を熱心に見入っていました。

57-1 高幡不動駅.JPG
    ▽ 高幡不動駅ホーム 
           (本原稿とは直接、関係ありません)  21.9.16 ▽

その後電車はいつも通りに新宿に向けて発車し、乗務を終えたばかりの、年の頃20歳代後半の若い運転士さんは、ホーム下り方にある高幡不動乗務区に向けて歩き始めました。
すると、なんとなんと、手を繋いでいるくだん母子は、その運転士さんの後についてなんとも幸せそうに一緒に歩き始めたではないですか。
この段階でさすがの私も一様でない状況に気づき様子を見ていると、こんどは3歳位の坊やが運転士に手を差し出しました。

そうなのです。
この3人は、実は若い親子、家族だったのです。
だから坊やは、準特急を運転し終えて引き継ぎをするお父さんの姿を食い入るように、特段に誇らしげに見つめていたのでした。
一緒に横並びに歩いていたのは、僅か5秒くらいだったでしょうか。勤務時間内でもあり、“公道”でもあるホーム上での事ですから、お父さんは照れくさそうにしていました。
でも3人にとっては、とても幸せそうな、大切な時間を共有したように見えました写真でお見せ出来ないのが、残念です。

その後母子は、乗務を終えた若いお父さんの後ろ姿を見ながら半歩下がって一緒に歩いていたのですが、意識的でしょうか、お父さんは急ぎ歩きとなり、坊やと後ろ姿のお父さんとの距離は、どんどんと離れていきました。

母子はホーム途中にある上りエスカレーターに乗りました。
お父さんは、乗務区に入るためにホームから通路に入る際、一度立ち止まり、母子がまだホームにいて自分を見つめているかなという想いをいっぱいに抱きつつ、照れくさそうに振り返りました。

57-2 高幡不動駅.JPG
 ▽ 高幡不動駅 
   ホーム先方左に、高幡不動乗務区があります 21.9.16 ▽

一連のこの光景を見ていた私は、不覚にも胸がじ〜んと来ました。

次に発車する各駅停車新宿行きの、引退間近な6000系電車のかたわらで、夏の終わり、爽やかな、素敵な風景と出会いました。

posted by 特急高尾号 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

No8 収穫あり、遅延事故あり… 色々でした 

さぁ、出かけるぞ…と京王線に乗ったのもつかの間、午後0時51分に高幡不動駅下り線で人身事故発生。京王線は夕方まで遅れが続きました。
事故発生時、私は上り電車に乗っていましたが、発生の10分後には車内の電光掲示板に事故発生を知らせるメッセージが出ました。ほどなく車内放送も事故の事実関係、この電車が今後送れを出す見込み、そして途中駅での接続が乱れるなど、必要な情報が過不足なくアナウンスされました。携帯の「京王ナビ」には、さらに詳しい情報が掲出されていました。そして車内放送はさらに、「詳しい情報が入り次第、直ちにお客様にお伝えしていきます」とアナウンスを続け、完璧でした。
こうした放送には時々遭遇しますが、昔と比べると随分と改善されてきたように思います。お客様本位の放送を行うべく教育がしっかりと施され、車掌さんもそのことをしっかりと意識し始めているように感じます。

さてさて、何とか調布にたどり着き、相模原線と京王線のスリリングな合流光景の撮影に挑戦しました。調布に狙いを定めたのは、もうひとつの理由があります。昨日ブログに書いた9000系の新車、第45編成に対面出来る可能性があるからです。

No8-1 新車9795.JPG


そして、何と何と、私の予想を裏切って、相模原線ではなく、京王線の上り準特急として颯爽と現れたのです。撮影を急きょ取りやめ、最後部9795車に乗り込み、ピッカピカの新車の乗り心地を楽しみました。本当にラッキーでした。

写真は9000系新車、下り方先頭車9795車です。




ところで今日は祭日とあって、あちこちで京王電車を撮っている“鉄チャン”を見かけました。高幡不動、調布、明大前、定番の笹塚、新宿…、皆さん真剣にカメラを構えていました。最近の特色として、携帯電話で写真を撮っている人を見かけるようになりました。ちょっとしたノリなのでしょうか。

今日の成果をご覧いただきます。
ちなみに私はちゃんとしたカメラで撮影しますが、このブログの写真は全て携帯電話のカメラで撮影しています。機種はシャープ製の「SH906iTV」、画素は確か320万画素だったと思います。
写真の出来、腕前はいかがでしょうか。最近の携帯はAF、オートフォーカスとなっており、電車が来て撮影しようとするとピント合わせに時間がかかり、その間に先頭車がフレームアウトしてしまいますね。皆さんはどのような対策をしていますか。
No7-2調布.JPG

調布駅下り方ホームよりの光景。
右が京王線上り準特急、中央が京王線下り準特急、左が相模原線快速。
同時発車、同時進入の迫力ある場面でした。
午後の調布の下り方面は逆光です。液晶画面がほとんど反射で見えない中、携帯での撮影は中々大変でした。

posted by 特急高尾号 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No7 さぁ、連休だ 楽しいブログを作りたい

今日から連休のスタートですね。
私は5月3、4、5、6日は仕事、その代わり今日から2日までと、来月7日から週末までがお休みです。その間、楽しい発信ができるといいなぁ…と思っています。
posted by 特急高尾号 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする