2010年04月03日

No125    おかげさまで“1周年”

125-1 7000系のすれ違い 22.1.28.jpg
    ▽ 高尾線内を行きかう7000系                   22.1 ▽

おかげさまで、「京王線 井の頭線応援歌」は、きょう3日、開設1周年を迎えました。いつも訪問していただいている皆様には、心から感謝です。

当初は1週間に1本程度と思っていたのですが、振り返ればなんと3日に1本の割合でアップを続け、そんなに書くことがあるの?と家族にも言われつつ、それがなんと通算124本にも及びました。
それだけこの1年、京王の動きが急、話題に事欠かなかった証ということでしょうか。

125-2 6015F 6013F 21.7.22.JPG
 ▽ すでに過去の存在となった6015F(中央) 右は6413F 
     旧型車両の廃車、譲渡、新車の増備が続きました 21.7 ▽

125-3 井の頭線3000系 明大前 22.2.JPG
 ▽ 井の頭線3000系 全廃と思いきや2編成が延命に
   1月からは毎日急行運用のどんでん返し 3028F 明大前 22.2 ▽

アクセスログを見ると、6000系や3000系の動向、井の頭線1027Fの“オレンジ姫”の話題が圧倒的に多く、これに京王線笹塚以西の高架化内容、多数の写真で綴ったLED行先表示特集、2月の高幡不動駅構内での出庫車脱線事故のリポート、さらに昨年夏、毎日新聞社から発刊された「日本の私鉄 京王電鉄」の書評記事などが続きました。
アクセスログ、キーワード検索での結果は、そのまま今の京王の話題、課題を反映した内容でした。

125-4 “オレンジ姫”1778 吉祥寺 22.2.JPG
  ▽ 昨年の夏は、この車両、この色で持ちきりでした
                  井の頭線 1027F    吉祥寺 22.2 ▽

さてこれからの1年ですが、引き続き22年度の京王は、6000系の全廃やそれに伴う新車の投入、運用の見直しなど、趣味的には大変面白い1年になりそうです。

「京王線 井の頭線応援歌」では、そうした話題とともに、利用者の目線や視点、また読み物としての楽しさなどについても、これまで以上に取り上げていきたい…と思っています。

125-5 HM付き6722 高幡不動 22.3.13.jpg

   ▽ 「京王れーるランド10周年」のヘッドマークを付けた6772
                               高幡不動 22.3 ▽

またこれまでは、あえてケータイ電話のカメラ機能での撮影にこだわってきましたが、今後は必要に応じてデジカメでの撮影も行っていきます。

引き続きお楽しみいただければ、幸いです。
では、2年目、『出発進行!』。


posted by 特急高尾号 at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

Mo76  富士見ヶ丘の眺めもあとわずか

井の頭線1000系の増備が急ピッチで進んでいます。
このため、これに連動して3000系の廃車も急ピッチで進み、1000系1031F編成の導入で3026Fが廃車。さらに1032Fも搬入され、3000系はもはや風前の灯。残すところあと3編成、3027、3028、3029編成のみとなりました。

76-1 富士見が丘車庫の3000系.JPG
 ▽富士見ヶ丘を発車した下り電車からのお馴染みの光景211.11.1▽

富士見ヶ丘−久我山の下り電車車内からは富士見ヶ丘検車区の全景が手に取るように眺められます。
長い間日中は、いつも3000系の彩りが目を楽しませてくれていましたが、このお馴染みのこの光景も、間もなく見納めです。

76-2 富士見が丘車庫奥の3000系.JPG
  ▽ 1番奥は、3000系定位置の寝ぐら。
              下り電車車内から 21.11.1 ▽ 

車庫の一番奥の留置線は、いつも3000系の指定席です。
かつてここは、片側ドアの3001F、3002F編成の指定席だったことを思い出します方も多いと思います。

懐かしい車両がだんだんと姿を消し、淋しくなりますね。

posted by 特急高尾号 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

番外編3 “京王電車応援歌” 記事50本に到達して

番外3-1 50本目の記事.jpg

50の手習いではありませんが、50歳代の私が今年の4月から始めた当ブログ、“京王線 井の頭線 応援歌”ですが、このほど記事の累計が50本に達しました。常日頃、“読み物”としてのスタイルと、それに相応しい内容を心がけているのですが、どのようにご覧いただいていますでしょうか。

スタートから間もなく5ヵ月が経つのですが、累計で50本の記事といいますと、この間平均3日に1本の割合で発信してきたことになります。ずいぶんと飛ばしてきたなぁ…というのが、正直言って、現在の私のいつざわる心境です。

もともとブログ記事というのは、本来は気楽に書くものだと思いますが、冒頭で申し上げたとおり、私の場合は性格からくるものでしょうか、タイトルや文章に推敲を重ね、1本1本の大半を“作品”として仕上げています。そのため、実は相当なエネルギーと時間を使っています。(周りで見ている家族は、すっり呆れかえっていますが…笑い)。
しかしブラウザやOSのアクセスログを見ますと、毎日20名近くの方々にご覧いただいていますので、執筆の疲れも吹き飛ぶというものです。

ところで50本のコンテンツの内、最もアクセスが多かったのは、井の頭線の新車、1027Fの車体色に関するものでした。“オレンジ色”の突然の登場に、ことの真相の関心が集まったものだと思います。この傾向は約1ヵ月間続きました。
37-1 ベージュオレンジと命名された1027F.jpg
  ▽“オレンジベージュ”と命名された1027F 
     多くの人の関心を集めました  明大前  21.7  ▽

番外3-2 紫陽花の中の1000系.JPG

このほか9000系の新造と6000系の廃車に関する話題、フルLDE化した行先表示に関する考察、それに井の頭線の紫陽花(あじさい)と電車を扱った“井の頭線紫陽花写真館”などにも多くのアクセスを頂きました。
とりわけ行先表示や紫陽花写真館は、構想から写真撮影、執筆、アップまでにそれぞれ1ヵ月以上もの時間を費やしていますので、多くの皆様にご覧いただき、本当に嬉しい思いをしました。まさに執筆冥利に尽きたことでした。また1027Fや6000系の去就、行先表示等については、鉄道ファンの皆様にタイムリーな、あるいは楽しめる情報発信が出来たと思っています。

 ▽ “紫陽花街道”を行く
    井の頭線1000系 新代田21.6 ▽

話変わって、私のブログには、ふたつの特色があります。
ひとつは掲載の写真は全て携帯電話のカメラ機能で撮影していることです。もうひとつは撮影の大半を通勤途上で行っているということです。

なぜ携帯電話カメラかといいますと、撮影の大半は通勤途上のため、カメラをさっとポケットから取り出して撮影出来ることが条件でした。いくらコンパクトといえども、スーツのポケットにデジカメは入れられません。そこで携帯電話のカメラ機能の活用と相成ったのですが、実は携帯カメラでどこまでブログの世界が創作出来るのか、挑戦してみたい強い思いがありました。因に私の携帯ははSHARPの906iTV、340万画素のものです。これが実際に使ってみると、なかなかのものでした。マニュアル撮影機能を使えば、走行中の電車や車内からの撮影もかなりいけるものでした。

47-4 6774ほか めじろ台付近.JPG
  ▽通勤の朝、車内から余命いくばくの6024+23Fを撮影 
      携帯電話カメラは手軽に撮れる事が魅力 
      シャッター音はちょっと恥ずかしいですが… 21.8  ▽

さらに携帯ならでは表現が可能である事が分かりました。連休写真館や紫陽花写真館でご覧いただきましたように、マニュアル機能を活用すると、アウトフォーカスや流し取り風の雰囲気、レンズを曇らせると淡い雰囲気が造り出せることも体得しました。


番外3-3 携帯ならではの雰囲気 車内から.JPG
  ▽車内から対向列車を撮影 
    流れるような雰囲気は携帯独特のもの 下高井戸 21.5 ▽

番外3-4 紫陽花と1000系.JPG
  ▽柵に“携帯”を置いて撮影 
     淡い雰囲気に、電車が流れます 明大前−東松原  21.5▽


一方私の撮影ポイントですが、大半は通勤や所用の行き帰りに立ち寄る高幡不動や明大前、新宿が中心となっており、優等列車への乗り換え駅、かつ多くの留置線がホームに並んでいる高幡不動駅での撮影が多いことは当然のことかもしれません。乗務につく乗務員の方々から、「
また来ているな…」と思われる存在になりかかっているかもしれません。

No4 6000系ホロ付き車.JPG
   ▽高幡不動上り線ホームからは、時にはこんな特ダネも…
      滅多に見られない6724の幌付き正面    21.4  ▽ 

とにもかくにも、記事は50本に到達しました。
次のチャレンジは累計100本です。最近は時節柄、6000系の廃車去就など、記事はやや趣味的な要素が多くなっていますが、もともと当ブログは鉄道ファンの方々はもとより、京王・井の頭両線を利用する一般の方々も対象としています。そのため次の目標である累計100本に向けては、車両等の趣味的な話題はもとより、これまで以上に京王のサーピスや経営などについても積極的に取り上げていこうと考えています。

ブログ 最初の写真.JPG
  ▽記念すべき当ブログのファーストカット  高幡不動  21.4 ▽

1年365日の内、350日は京王電車に毎日乗っている強み、そこから見えてくる視点、皮膚感覚を大切にしつつ、年相応の“うんちく”も交えながら発信を続けていきたいと思っています。

最後に、今後も皆様のご支援、つまりお読み続けていただくこと、さらに当プログを皆様のご友人にぜひご紹介いただくことをお願いしたいと思います。
今後も、どうぞよろしくお願いします。
posted by 特急高尾号 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

番外編2 京王線 井の頭線 応援歌2ヶ月

3000系.JPG 
  ▽余命いくばくも無い3000系電車  井の頭線明大前にて▽

早いもので、4月3日にブログをオープンしてから2ヶ月が経過しました。当初は週1本のペースと考えていたのですが、すでに25本の原稿を書いていますので、3日に1本のハイペースです。

当初の考えは、サービスや経営、社会事象も織り交ぜながら、時には読み物として、時には映像を見ていただいて楽しいものをという思いでスタートしました。これに新車の登場や新型インフルエンザの取り組みなど、日付のあるタイムリーな要素も加わったため、いきおい本数が増える結果となりました。

4月によくお読みいただいたものは、アクセスログから多い順に、No2「車内・車外放送」やNo3の「もう少し聞きやすくなりますか車内放送」などの放送関係、No5の「これは何でしょう」、No4の「6000系ホロ付き先頭車はこんな顔」でした。「車内放送」についてはかねがね聞きづらい点が気になっており、皆様の思いは同じだと感じています。「これは何でしょう」は、ちょっとした視点なのですが、面白さとエスプリが効いたのかもしれません。

No2-1車外放送 東松原.JPG
▽No2 「車内・車外放送」より 女性車掌による車外放送 東松原駅▽


No5-1車止渋谷駅.JPG
  ▽No5の「これは何でしょう」より  渋谷駅の“車止め” ▽

No4-1 6000系幌付車両.JPG
  ▽No4の「6000系ホロ付き先頭車はこんな顔」より  6724号車▽

 
5月は、No11の「新車のお話し」、No19の「新車1027Fはオレンジ美人」、再びNo2の「車内・車外放送」、No9の「連休写真館」、No21の「井の頭な紫陽花」に多くのアクセスをいただきました。京王線は9000系の9046F、井の頭線は1027Fと新車の話題で盛り上がったこの一ヶ月を象徴しています。車掌の放送についてはキーワード検索がいつも入っており、放送自体が何かブームなのでしょうか。他サイトでは、各線の車内放送や駅の構内放送のデータベースもあり、驚いています。「連休写真館」は自分としても“力作”と思っており、多くの皆様にご覧いただき嬉しい限りです。「井の頭な紫陽花」はタイトルのネーミング勝ちというところでしょうか。いずれにしても、多くの皆様からのアクセスをいただき、大変感謝しています。

No9-6 運転台後方流し撮り.JPG
  ▽No9の「連休写真館」から  女性運転士の“力走” ▽

21-2 紫陽花 井の頭線新代田.JPG
 ▽No21の「井の頭な紫陽花」から ネーミング勝ち? 新代田駅付近▽ 

もうひとつ、驚いたことがあります。
それはアクセスの「リンク元」は圧倒的にgoogleが多いのですが、その検索ページを見ると、京王線関係のプログが沢山あることを知りました。そしてその内容の迅速性、詳細性、正確さなどに圧倒されました。編成のデータベース、日々の車両運用の一覧、最新ニュース、写真集などなど、もう驚きでした。こうした存在を私は自分がブログを始めるまで知りませんでした。しかも今月10周年を迎えるブログもあり、完全に感服状態です。
私は詳細、かつ迅速に車両の動向などについての報告は出来ませんので、冒頭に述べたように、むしろサービスや社会事象と絡めながら、また写真やコラム的な視点での要素などを織り込むことを特色としながら、“京王電車の応援歌”を綴っていこうと考えています。

ひき続き、ご愛顧と、周りの方への口コミ、PRをくれぐれもよろしくお願い申し上げます。



posted by 特急高尾号 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

番外編 “京王線 井の頭線応援歌” 一ヶ月

早いもので、このブログがスタートして1ヶ月が経ちました。
1週間に1本の割合で発信と思っていましたので、すで10本の発信は自己満足ですが、好成績なのかもしれません。しかし本来のプログの姿のように、気楽な日記とは趣きを変えていますので、はっきり言ってかなり力が入っていることは否めません。このブログにお付き合いいただいている皆さんはどのようにお感じでしょうか。少々気になっています。

番外 高幡不動にて.JPG

さて私としては、これまでの10本のうち、とりわけNo2、No3の「車内放送」関係やNo5の「これは何でしょう」、そしてNo9の「連休携帯写真館」などを特に見ていただきたいと思っていたのですが、果たしてアクセス履歴によりますと、見事にそのままの順位でご覧いただいています。
まったく嬉しい限りです。車内放送関係は、なぜかGoogle等からの検索で入ってくる方が多いのが特色です。また私としては意外なのが、No4の「6000系ホロ付き先頭車の顔」も良く見られています。そして何よりも毎日、熱心な方々がブックマークからご覧いただいており、また新規に検索サイトからのご来場もあり、ありがたく、また新米プロガーとして大いに励みになっています。ありがとうございます。

ところで現段階で30近くの発信項目の構想があるのですが、タイムリーなものや日付ものはともかく、原則はあせらず、淡々と、そして確実に京王電車の姿をお伝えできればと思っています。
皆様方からどんなことでも結構ですので、各項目にぜひコメントをいただければと思っています。デビュー間もないニックネーム「特急高尾号」を、どうか今後ともよろしくお願いします。
posted by 特急高尾号 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする